美容外科のクリニックでは、顔や体の悩みに応じた治療を行います

サイトメニュー

医療痩身の特徴

女性

医療痩身で魅力的なプロポーションを作ろう

杜の都「仙台」が県庁所在地の宮城県の場合、女性の平均体重は約58.26kgというデータがあり、全国データと比較すると少々ぽっちゃりさんが多い県のようです。ダイエットをしてもなかなか痩せない・ダイエットに一旦は成功しても、辞めた途端リバウンドしてしまうなど、痩せたいけれどダイエットに失敗するケースも少なくありません。もし、ダイエットに失敗続きということに悩んでいるのであれば、美容外科クリニックで医療痩身を受けてみるのも良いでしょう。医療痩身は文字通り、医療の力で痩せるという美容整形で仙台市内の美容外科クリニックでも多く行われています。医療痩身は大きく分けてメスを使わない「脂肪溶解注射」と、メスを使う「脂肪吸引」とに分けられるのが一般的です。脂肪溶解注射は脂肪を溶かす薬剤を注入した部位が自然と細くなる医療痩身で、手軽に受けられるプチ整形として人気です。脂肪吸引はカニューレという細い管を脂肪が気になる部位に挿入し、機械の力で大量に脂肪を吸引してボディーラインを整えます。脂肪吸引はベイザー脂肪吸引など施術法が様々あり、各脂肪吸引術によって仕上がりや脂肪を吸引できる量などが異なります。脂肪溶解注射や脂肪吸引といった美容整形は、気になる脂肪のみピンポイントで吸引できるので、理想的なプロポーションに近づけるというのが最大の魅力です。
もし、仙台市内にある美容外科クリニックで医療痩身の美容整形を受けたいという場合、どのような基準で施術を選べば良いのでしょうか。施術を選ぶ基準は様々なポイントを抑える必要がありますが、メスを使わず手軽に施術を受けたいのか、メスを使う手術となってもより高い効果を望むのかも1つの基準となります。メスを使わない脂肪溶解注射の場合、薬剤を注射器で注入するだけの簡単な施術なので、身体への負担が少なくダウンタイム期間も短いという点が特徴です。ただし、効果が現れるまでには約1ヶ月から3ヶ月程度の期間がかかる、大量の脂肪を落とすことはできません。ダウンタイムが長くなったとしても、しっかり脂肪を落としたいという場合はメスを使う脂肪吸引の方が向いています。脂肪吸引で取れる脂肪の量は施術部位や、脂肪のつき方などによって異なりますが脂肪が多いお腹だと、2000ccから300cc程吸引できます。一気に脂肪を落とすことができる美容整形ですが、術後はむくみや腫れ、内出血といった症状が出るので一定期間、仕事をお休みする必要があるかもしれません。やはり個人差はあるものの身体をあまり動かさない事務職であれば、脂肪吸引後3日から4日休むのが良いと言われています。仙台市内の美容外科クリニックであればカウンセリングで話を聞き、患者さん1人1人に合った施術法を提案してくれるので安心です。